国際・政治狂った米国、中国の暴走

米中の火種4 台湾 武力衝突「最も危ない」時間帯=川上高司

    台湾軍は中国軍の上陸を想定し演習を行った(2019年5月)(共同通信)
    台湾軍は中国軍の上陸を想定し演習を行った(2019年5月)(共同通信)

     中国の台頭へ警鐘を鳴らした『The Hundred−Year Marathon』(邦訳『China 2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」』)の著者である米政治学者マイケル・ピルズベリーは、中国は2049年までには米国を経済のみならず軍事力でも凌駕(りょうが)すると予言した。逆に言えば米国が中国を軍事的にたたきつぶせるのは「今」しかない。すなわち現在が最も米中の軍事衝突が起こりやすい「時間帯」だ。

     どの地域を狙って米国が中国との間合いを詰めるのか。具体的には、香港、尖閣諸島、南シナ海、そして台湾の危機が考えられる。

    残り1000文字(全文1268文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事