国際・政治狂った米国、中国の暴走

米中の焦点と日本の選択 鈴木一人 「経済武器に中国が影響力強める。戦略的産業で隙を見せるな」

    鈴木一人 北海道大学公共政策大学院教授
    鈴木一人 北海道大学公共政策大学院教授

     <Interview 米中の焦点と日本の選択 Part1>

     米国と同盟関係にあり、中国とも経済的結びつきが強い日本は、両国間で板挟みになりやすい。米中対立のなか日本の取るべき立ち位置について、気鋭の国際政治学者に聞いた。

    (聞き手=神崎修一/加藤結花/大堀達也・編集部)

     今のコロナ禍ではっきりしたのは、経済的に中国のデカップリング(分断)は無理だということ。日用品から戦略物資まで供給する中国は分離できない。トランプ米政権は中国を切り離そうとしているが、大きな負を生み出す保護主義には簡単に移れない。

     トランプ政権は多くの矛盾を抱えている。「世界秩序を維持する覇権国」と「自国の利益を追求する普通の国」という相反する目的の間であがいている。対中戦略も矛盾している。増える対中貿易赤字を減らそうと関税をかけるが、構造的に中国に依存し切っているため、思うように貿易赤字は減っていない。他方、米国の覇権に挑戦してくる中国への恐怖心もある。中国への懸念は米国全体を覆っており、トランプ氏は選挙戦略の武器にして…

    残り1063文字(全文1514文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット