テクノロジー非接触ビジネス

デジタル化による変革 富士通・NECが復活 外部人材を積極登用=種市房子

    (注)富士通は2015年3月期以降、NECは16年3月期以降にIFRS(国際会計基準)。それ以前は日本基準 (出所)両社IR資料より編集部作成
    (注)富士通は2015年3月期以降、NECは16年3月期以降にIFRS(国際会計基準)。それ以前は日本基準 (出所)両社IR資料より編集部作成

     事業統廃合や経営不振にあえいだNEC、富士通がデジタルトランスフォーメーション(DX、デジタル化による事業・企業変革)を追い風に好調だ。両社には「DX」と「外部人材登用」という二つのキーワードが共通している。

     NECの2020年3月期の連結最終利益は999億円。前年同期比152%増という驚異的な伸びで、23年ぶりに最高益を更新した。19年に買収したデンマークの大手IT企業「KMD」連結化や、ウィンドウズ7サポート終了によるパソコン買い換え特需という20年3月期ならではの増益要因があるが、高速無線通信5G関連の光通信向け設備や、医療・自治体向けを中心としたITシステムの売り上げ増が寄与した。18年に実施した3000人規模の人員整理や不採算事業の見直しなども寄与した。

     富士通も同時期の連結最終利益は同53・1%増の1600億円。過去最高益(18年3月期の1693億円)に迫った。こちらもウィンドウズ7サポート終了によるパソコン特需もあるが、官公庁・民間へのITシステムの売り上げ増が寄与した。同社は15年ごろから、半導体や携帯電話端末製造など大量生産・納入で勝負するビジネスを「価格変動が大きい」として縮小し、付加価値の高い事業を拡大する方針を掲げている。ITシステ…

    残り1072文字(全文1609文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット