経済・企業

病院はコロナで経営難に 公的資本を注入する仕組み必要=菊池英博

    コロナ患者の受け入れで経営は悪化する
    コロナ患者の受け入れで経営は悪化する

     新型コロナウイルスの感染防止のため、政府は4月に緊急事態を宣言し、人々の移動を7~8割減らす方針をとった。経済活動は一挙に抑制され、企業の収益は激減して多くが赤字に転落した。この危機は民間だけでは対処できない状況である。政府は大手企業には日本政策投資銀行、中小企業には日本政策金融公庫による無担保融資枠を用意し、申し込みは5月27日時点で13万件、2・3兆円超に達している。

     ところが今回のコロナ禍の特徴は、医療機関が診療報酬の激減で経営危機に瀕(ひん)していることであり、病院、診療所、検査機関などの政府による救済が急務である。2020年度第2次補正予算では、「生活衛生関連営業として、運転資金・設備資金の援助(実質無利子)」が緊急対応策として挙げられているが、援助の具体的な方式が明確でないように思われる。

    残り1911文字(全文2267文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事