経済・企業ベーシックインカム入門

新興国 貧困の改善へ実験活発 ブラジルで「家族給付」導入=山森亮

    BI給付が続くカチンガ・ベーリョの人々(筆者提供)
    BI給付が続くカチンガ・ベーリョの人々(筆者提供)

     新興国の一部でベーシックインカム(BI)の給付実験が活発だ。ナミビアでは2008~09年、インドは11~13年、ケニアでは16年から実施されている。背景には、バングラデシュのグラミン銀行をはじめとする無担保少額融資の取り組みが成功していること、貧困対策としての間接的な補助金政策が必ずしも効果を上げていないことなどがある。

     ブラジルでは04年、労働者党ルラ政権の下、「市民ベーシックインカム法」が成立し、全国民が国からBIを受給する権利を持つことになった。給付は最も困窮している人たちから始まり、段階的に給付対象を広げる仕組みだ。その第1段階として導入された「ボルサ・ファミリア(家族給付)」は、子どものいる低所得家庭に配られているが、ブラジル総人口の約3分の1にあたる約6000万人が受給している。

    残り720文字(全文1071文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事