経済・企業ベーシックインカム入門

どうする社会保障 財源規模は小さい生活保護 貧困高齢者の議論が不可欠=阿部彩

    児童手当はすでにベーシックインカムに近い設計で実施されている(Bloomberg)
    児童手当はすでにベーシックインカムに近い設計で実施されている(Bloomberg)

     ベーシックインカム(BI)で人々の生活をどのように保障するべきか、という社会保障の根本的な議論が再提起されていること自体は歓迎すべきことである。新型コロナウイルスが感染拡大する前は、好景気と人手不足が続いており、最低賃金も引き上げられる中で、すべての人があたかも市場原理によって救われるという幻想が蔓延(まんえん)していたからである。

     BIの魅力はそのシンプルさにある。給付も一律、課税もシンプル。現行の複雑極まる社会保障制度を一掃し、BIに置き換えたら、という論者も存在する。一方で、社会保障制度は、さまざまな人々の異なるニーズや働き方に対応する形で現在の姿になっており、BIではそのような繊細な生活保障はできない、という論者もいる。

    残り824文字(全文1143文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事