国際・政治ベーシックインカム入門

定額給付金の「問題」 「世帯主」に一括振り込み 女性や子どもに配慮を=堅田香緒里

 新型コロナウイルス禍の外出自粛要請によって、生活困窮者が増えたことを受け、1人当たり一律10万円の「特別定額給付金」が給付されることになった。その最大の問題点は、給付対象が「世帯主」とされていることだ。

 特別定額給付金は、世帯主が代表で家族全員分をまとめて申請し、全額が世帯主の口座に振り込まれる仕組みになっている。個別給付を申請できるのは、配偶者暴力防止法に基づく保護命令が出されている場合などに限られる。

 考えてみれば、政府によるマスクの配布も「世帯」ごとだった。特別定額給付金の前に政府が閣議決定した、一定以上の減収世帯に対する30万円の「生活支援臨時給付金」(後に特別定額給付金に変更)も、減収の基準は「世帯主」の月収とされていた。

残り313文字(全文634文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事