投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

住宅政策が作った“空き家大国”/54 

    今なお新築住宅は数多く供給されている (Bloomberg)
    今なお新築住宅は数多く供給されている (Bloomberg)

     日本には、他国に当たり前のようにある「住宅総量目標」「住宅総量目安」といった目標値がない。このまま住宅数全体をコントロールしなければ、団塊世代を中心とする人口ボリューム層が徐々に減少していく中で、空き家の大幅増加は必至。空き家数は2030年には今より倍増し、2000万戸に到達するのはほぼ間違いないだろう。

     なぜこのような“空き家大国”になってしまったのか。日本は第二次世界大戦の敗戦で焼け野原になった後、奇跡的ともいえる経済復興を遂げ、一気に先進国の仲間入りを果たした。まずは鉄鋼・石炭などに人・モノ・カネを投入する「傾斜生産方式」といった政策で産業復興の糸口を見いだしつつ、朝鮮戦争による経済特需を経て、1954年の鳩山一郎内閣のころから20年ほど続く高度経済成長期に突入する。60年には池田勇人内閣が…

    残り896文字(全文1250文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事