投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

見た目優先の外壁タイルに潜む危建/53 

    建物に密着せず浮いている外壁タイル さくら事務所提供
    建物に密着せず浮いている外壁タイル さくら事務所提供

     我が国にマンションが登場したころ、その外装はほとんどがコンクリートに塗料を塗る「吹き付け塗装」だった。高度経済成長期に登場した「公団」はもちろん、関東大震災を教訓に政府主導で建設された同潤会アパートも外装は吹き付け。タイルは吹き付けに比べて高価だったこともあり、一部の高級物件にのみ使われていた。外壁タイルが高級物件という印象を決定的にしたのは、1965年に東京・渋谷区の表参道に建設された総タイル張りのマンション「コープオリンピア」。分譲価格が1億円を突破した、日本初の億ションとして高い注目を集めた。あるマンションデベロッパーが全ての物件をタイル張りにして分譲したところ、これが大ヒットし、全国に総タイル張りのマンションを展開していく。「外壁にタイルをたくさん使えば使うほど高級」という風潮が浸透していった。

     しかしバブル景気に沸く89年にある事故が発生したことで潮目が変わる。北九州市の10階建ての団地で、最上階付近のタイルが縦5メートル、横8・5メートルにわたって落下。タイル片は通行人を直撃し、男女3人が死傷する大事故だった。これを契機にタイル張りの安全性が問われるようになる。その後もタイルの剥落事故は発生し、そのたびに「原因は施工不良か、経年劣化か」という議論がなされた。

    残り739文字(全文1283文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット