投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

住宅ローン誕生とマンションブーム/55 

    最後の同潤会アパート「上野下アパート」も2013年に取り壊された
    最後の同潤会アパート「上野下アパート」も2013年に取り壊された

     日本で初めての共同住宅は1926年に造られた「同潤会アパート」である。木造住宅が主流だった当時、23年の関東大震災によって、実に約29万3000棟にのぼる家屋が全壊・全焼し、多くの人々が住まいを失った。

     その経緯を受け、国は財団法人同潤会を設立。耐震性・耐火性に優れた鉄筋コンクリート造(RC造)の集合住宅の供給を開始した。これが近代的な集合住宅が日本で普及するきっかけと言われる。

     民間が分譲する日本初のマンションは56年に竣工した、総戸数28戸の「四谷コーポラス」(売り主・日本信販)。分譲価格は3LDKで約230万円だった。

    残り1014文字(全文1280文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事