投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

「組合」主体が管理の大前提/56 

    管理組合の中で対立や分裂するケースも
    管理組合の中で対立や分裂するケースも

     マンション管理において、管理会社は単なる業務委託先に過ぎない。主体はあくまで所有者で構成する管理組合だ。ところが、現実は組合側が「管理会社がやってくれるもの」と思い込む傾向が強く、管理会社が頭を抱えている例をよく見る。建物の修繕の提案を組合側に示しても合意が取れず、話が進まない。結果としてマンションは劣化し、寿命も縮み、資産性を落としていくのをただ見ていることしかできない。

     新築マンションの売買に当たり、販売会社の説明不足のツケが、管理会社に回ってきていることも否定できない。所有者が管理に関する話を求めていない状況を口実に、丁寧な説明がなされているとは言えないからだ。特定の人物が何十年も理事長を務めている組合では、管理会社などと癒着しているケースもある。大規模な工事の度に、理事長に対して秘密裏にリベート(謝礼金)が支払われている例がしばしば発覚している。マンション管…

    残り855文字(全文1244文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事