週刊エコノミスト Online不動産コンサル長嶋修の一棟両断

スラム化マンション(上) 急増の歴史/57

    スラム化が進めばゴミなどが廊下に放置されるケースも
    スラム化が進めばゴミなどが廊下に放置されるケースも

     時は1960年代後半。カー(自動車)、カラーテレビ、クーラー(エアコン)の3Cが「新・三種の神器」と呼ばれ、豊かな生活の象徴的存在だった。70年には住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)が、マンションの長期固定金利融資制度をスタート。71年には日本住宅公団(現・都市再生機構)などの供給で日本最大規模の住宅団地「多摩ニュータウン」(東京都多摩市など)への入居が始まった。

     当時の公団住宅といえば、エレベーターのない5階建て、40~60平方メートルの2~3DKタイプが主流。今思えば、相当に陳腐である。とはいえ、夕飯後はちゃぶ台を片づけて布団を敷いて寝るといった、寝食同室の生活スタイルが一般的な時代からみれば、非常に先進的である。ダイニングキッチンや水洗トイレは最新設備だったし、「白亜の殿堂」とも呼ばれた庶民の憧れの住宅は、抽選倍率数十倍、時には100倍以上にもなった…

    残り844文字(全文1229文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事