週刊エコノミスト Onlineコロナ株高の終わり

中銀の「禁じ手」が招く超円安、輸入物価高騰=熊野英生

    再任され安倍首相と握手する黒田日銀総裁(左)。2018年4月首相官邸で
    再任され安倍首相と握手する黒田日銀総裁(左)。2018年4月首相官邸で

     安倍晋三首相は、コロナ対策のために2020年度第1次・第2次補正予算を打ち出したとき、「過去最大の事業規模だ」と誇らしげに語った。普通の国なら、税収の当てのない巨大な歳出増になることは、国債価格下落、長期金利上昇への警戒から首相が積極的にアピールすることはしないだろう。

     日銀は、イールドカーブ(利回り曲線)操作(YCC)を実施して長期金利をゼロ%にくぎ付けにする対応を取っており、それが政府にとって金利上昇を警戒せずに資金調達できる役割を果たしている。財政拡張を日銀が側面支援している格好だ。

     日銀がすでに、財政支出の資金を中央銀行が供給する「財政ファイナンス」に近いことを行っているとみる市場関係者や報道関係者は少なくない。特に、4月27日に国債の買い入れ上限を撤廃してからは、政府の資金調達に日銀が無制限に協力している懸念が強まった。

     日銀の政策決定後の定例記者会見では、財政ファイナンスの認識が度々質問されている。しかし、黒田東彦総裁は、質問に対して、「金融政策の一環として国債を買っているだけで、財政支援をしているわけではない」と従来の返答を繰り返す。6月16日の会見では、財政規律について問われて、「政策主体(政府と国会)に対して失礼だ」と回答した。会見を視聴していて、筆者はこの回答に強い違和感を覚えた。

    残り1101文字(全文1661文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット