週刊エコノミスト Onlineコロナ株高の終わり

米銀は第2波到来で“崖っぷち”に=廉了

    (注)米銀の預貸残高の対前年同月比の月ごとの推移 (出所)米連邦準備制度理事会(FRB)より筆者作成
    (注)米銀の預貸残高の対前年同月比の月ごとの推移 (出所)米連邦準備制度理事会(FRB)より筆者作成

     米銀の貸し出しが、近年まれな勢いで激増している。5月の法人貸し出しは前年同月比3割増(図)。背景には新型コロナウイルスの感染拡大で、政府と中央銀行が企業の資金繰り支援を未曽有の規模でしていることがある。

     米政府は、中小企業向けの公的融資枠を約7000億ドル(約75兆円)確保。米連邦準備制度理事会(FRB)は、大企業が発行する社債、コマーシャルペーパー(CP、短期社債)、ローンを買い取り、公的融資枠に関し米銀の流動性を支援する枠組みも新設した。さらに利下げや量的緩和の実施で、米企業の資金繰りは安定し、世界的に株価は上昇した。

     ただ、こうした施策は当面の危機を回避する一時しのぎに過ぎない。コロナの悪影響が長引けば、巨額損失が発生する企業が相次ぐ懸念がある。実際、米企業の格下げは続出。経済危機下での融資拡大は、一定額は政府やFRBが損失負担するとはいえ、不良債権が急増するリスクがかなりある。

    残り854文字(全文1253文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット