週刊エコノミスト Onlineコロナ株高の終わり

出口なきETF買い 「やめたくてもやめられない」壊される市場機能=山本謙三

今年3月、日経平均は約3年4カ月ぶりに1万7000円を割り込んだ。日銀は超過債務に近づいた(東京都中央区)
今年3月、日経平均は約3年4カ月ぶりに1万7000円を割り込んだ。日銀は超過債務に近づいた(東京都中央区)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日銀は今年3月16日の金融政策決定会合で、大量の資金供給とともに、ETF(上場投資信託)や社債の買い増しを決定した。株価は、各国の金融財政措置と相まって、大きく反発した。

 日銀のETF買いはすでに10年近くにわたる。6月末時点のETF保有残高は、約33兆円に達した。早ければ2020年中にも、日本の上場株式の最大の株主となる可能性がある。

 世界の中央銀行は、これまで株式市場から距離を置くよう努めてきた。今回の危機でも、社債の買い入れに踏み切る中央銀行は多かったが、日銀のように株式を買い入れている例はほとんどない。ETF買いが、市場の混乱の抑止に一定の効果を発揮したのは事実だ。しかし、公的な組織である中央銀行が一般事業会社のステークホルダー(利害関係者)になることは中銀自身の財務の健全性のみならず、市場経済や企業経営のあり方に多大な…

残り1991文字(全文2379文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事