週刊エコノミスト Onlineコロナ株高の終わり

中銀相場の行方は? 米国株 コロナ沈静化で年末3万ドル超え=香川睦

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

     米国株式が底堅い動きをみせる原動力は米連邦準備制度理事会(FRB)による超金融緩和政策だ。FRBの大規模緩和を受けて、米10年国債利回りが0・6~0・7%と歴史的低水準で推移するなか、債券市場で試算される「期待インフレ率」(今後10年のインフレ予想)は中央銀行の資産膨張に伴い反転しており、「実質長期金利」(10年債利回り-期待インフレ率)はマイナス圏に沈む。預貯金や短期金融市場で運用するMMFに加え、長期債利回りも実質マイナスだ。

     となれば金融市場は株式が選好されやすくなる。社会的距離を確保するデジタルシフトを受けて、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトを中核とするIT関連株の堅調さが米国株式相場をけん引する動きは続きそうだ。

    残り234文字(全文564文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事