週刊エコノミスト Onlineコロナ株高の終わり

中銀相場の行方は? 日本株 中銀下支えで2万6000円へ=壁谷洋和

    (出所)筆者作成
    (出所)筆者作成

     政府、中央銀行による景気の下支えは継続し、日経平均株価は着実な回復を見せて今年末に2万6000円の高値を見込む。

     秋口にかけては、新型コロナウイルスの感染再拡大や企業業績の下方修正、米中対立の再燃などによって、2万1000円程度まで調整する場面もあるかもしれない。しかし、日銀や米連邦準備制度理事会(FRB)による強力な金融緩和や、国内総生産(GDP)比で約4割に相当する大規模な経済対策が景気回復を支え、上昇に転じると見ている。

     4~6月期の決算発表前後での業績下方修正には要注意だが、そうした動きさえも、現在のマーケットは織り込んでいる可能性が高い。大和証券がまとめた主要上場200社(金融除く)の業績見通しでは、2020年度は全体で9・5%の経常減益を見込むが、21年度は31・4%の経常増益に転じる見通しだ。21年度に向けての業績急回復シナリオは米国と比べても見劣りせず、日本株の上昇を正当化する有力な根拠となろう。

    残り130文字(全文543文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事