週刊エコノミスト Onlineコロナ株高の終わり

緩和の出口いつ? ECB 「コロナ復興基金」動けば縮小へ=田中理

    (注)欧州中央銀行(ECB)の月ごとの資産買い入れ額の推移 (出所)ECB資料より第一生命経済研究所作成
    (注)欧州中央銀行(ECB)の月ごとの資産買い入れ額の推移 (出所)ECB資料より第一生命経済研究所作成

     新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で疲弊した欧州経済の下支えは、欧州中央銀行(ECB)による金融緩和頼みの状況が続いてきた。

     ECBはイタリアで感染爆発が起きた3月、既存の「資産購入プログラム(APP)」を今年末までの時限措置として増額したうえで、緊急対応策として国債や社債などを購入する「パンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)」を新設(図)。6月には買い入れ枠を7500億ユーロ(約90兆円)から1兆3500億ユーロ(約160兆円)に拡大し、期間も2020年末から21年6月末までに延長した。こうした矢継ぎ早の政策対応が好感され、一時急騰したイタリアの国債利回りは低下に転じ、短期金融市場の緊張も緩和している。

     当面の危機対応に成功したECBの次なる課題は、平時対応への円滑な移行だろう。都市封鎖解除後の景気指標は軒並み上向いたが、失業や企業倒産の増加、感染第2波への警戒もあり、回復の持続力にはなお不安が残る。足元の金融市場の落ち着きも、ECBによる巨額の資産買い入れに支えられている面が大きい。景気の腰折れや金融市場の動揺を抑えつつ、政策正常化への道筋をつけるのは容易でない。

    残り685文字(全文1188文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事