週刊エコノミスト OnlineTHE MARKET

NY市場 上昇基調を維持=堤雄吾

     米主要大型株で構成されるS&P500指数は2020年6月まで3カ月連続で上昇し、7月も前月比プラス圏で推移(7月24日終値時点)。市場予想(ブルームバーグ集計)によると、S&P500構成企業の4~6月期の1株当たり利益は前年比で40%以上落ち込む見通しだが、その後は徐々に減益率が縮小し、21年1~3月期には増益に転換すると見込まれる。

     一方、米国では6月半ばから新型コロナウイルスの感染が再拡大し、直近では新規感染者数(7日移動平均)が6.5万人/日に迫る勢いを示している。とはいえ、全米の半数以上の州は既にマスク着用を義務化しているほか、大手小売企業も店舗内でのマスク着用を顧客に義務付けており、今後はこうした対策の効果が徐々に表れてくるものと期待される。また、複数の製薬会社が新型コロナワクチンの臨床試験で有望な成果を示しているこ…

    残り105文字(全文482文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット