国際・政治2020年後半 日本・世界経済大展望

香港 「中国化」強まる金融センター 海外投資家に懸念の声=玉井芳野

    金融センターの行方が注目される(Bloomberg)
    金融センターの行方が注目される(Bloomberg)

     6月30日深夜、香港国家安全維持法(国安法)が施行された。中国全国人民代表大会(全人代)が5月下旬に同法に関する審議開始を発表した後、約1カ月という異例のスピードでの成立となった。同法は「国家分裂、国家政権転覆、テロ活動、外国勢力との結託による国家安全危害活動」を犯罪行為とし、最高刑として終身刑を科す。中国政府の出先機関「国家安全維持公署」による国家安全犯罪に関する管轄権行使が可能となり、香港の高度な自治の後退は避けられない。外国人を含む香港域外の個人や在香港外資系企業も適用対象に含まれるため、同法をめぐる懸念が世界中に広がっている。施行直後の7月1日には「香港独立」の旗を掲げたことなどを理由に10名が逮捕され、法運用の厳しさが示された。

     米国政府は同法制定を受け、対中制裁措置を次々と打ち出している。6月末には一部中国共産党員への査証(ビザ)発給規制や重要技術の輸出規制を発表。7月14日には、香港の自治の侵害に関わった人物及び当該人物と取引のある金融機関に制裁を科す「香港自治法」が成立し、香港に認めている優遇措置の多くを停止する大統領令も発表された。

    残り787文字(全文1270文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事