マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 7月の景気ウオッチャー調査(8月11日) コロナ感染再拡大の影響に注目=上野剛志

     8月11日に7月の景気ウオッチャー調査が公表される。同調査は、タクシー運転手やコンビニの店員など景気の動向を敏感に感じ取れる人たちに「景気の現状や先行きをどうみているか」を調査しており、速報性が高い。

     景気の現状判断DI(季節調整値)は米中貿易摩擦や消費税率引き上げなどを受けて、昨年の時点で「横ばい」を意味する50の節目を下回っていたが、今年に入ってからは新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済活動の停滞によって急落し、4月には7.9と過去最低を記録した。一方、その後は経済活動の再開を受けて順…

    残り374文字(全文623文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット