国際・政治2020年後半 日本・世界経済大展望

欧州 7500億ユーロの復興基金 グリーンやデジタル化に活路=吉田健一郎

    欧州復興基金の取りまとめに力(独メルケル首相)(Bloomberg)
    欧州復興基金の取りまとめに力(独メルケル首相)(Bloomberg)

     新型コロナウイルスの感染拡大により、ユーロ圏経済は深刻な景気後退に陥った。3月初旬から約2カ月にわたり欧州各地で行われた封鎖措置の結果、2020年1〜3月期の実質GDP(国内総生産)成長率は前期比3・6%の大幅なマイナス成長となった。4〜6月期も同10%以上のマイナスが確実視されている。欧州連合(EU)の行政機関である欧州委員会は、7月に発表した世界経済見通しの中で、20年のユーロ圏GDP成長率をマイナス8・7%と予測した。

     産業別には、運輸、ホテル・外食、旅行、教育、芸術・文化、スポーツ・娯楽といったサービス業が封鎖の影響を最も受けた。米グーグル社が発表している、自宅以外の場所に居た時間を平時と比較したモビリティー(交通移動量)に関するデータをみると、フランス、イタリア、スペインの3カ国ではモビリティーが一時、平時と比べて約8割低下した(図1)。サービス業の中でも外出が前提となる業種が最も大きな影響を受けた。

    残り1923文字(全文2335文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事