マーケット・金融2020年後半 日本・世界経済大展望

マーケット予想 米国株 ワクチン開発で3万ドル超=岡元兵八郎

     米国は新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため経済活動を一時的に停止したが、感染者数は日々増えている。しかし、米政府の迅速な経済対策に加え、米連邦準備制度理事会(FRB)は十分な流動性を市場に提供した。米国株は企業業績のV字回復を織り込んでいる最中である。

     米主要大型株で構成されるS&P500指数の1株当たり利益(EPS)は、第2四半期に44%の減益となり、2009年以来の2桁減益が予想されている。とはいえ、第2四半期が今回の収益サイクルの「底」というのが市場のコンセンサスで、第3、第4四半期はそれぞれ25%…

    残り388文字(全文646文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事