マーケット・金融2020年後半 日本・世界経済大展望

マーケット予想 ユーロ・円 1ユーロ=120円割れの展開=内田稔

     年初来、多くの通貨に対してドル高が進んだが、経常黒字国、非資源輸出国かつ主要通貨であるスウェーデン・クローナ、スイス・フラン、ユーロ、円に対し、ドルは下落した。経常赤字国通貨であるドルの長期金利低下が重しになったとみられる。米国では、新型コロナウイルスの感染拡大が続いているが、大統領選前にねじれ議会が財政出動で足並みをそろえる可能性は低い。追加的な金融緩和の必要性が高まるとみられ、国債増発懸念(金利上昇圧力)があるにせよ、米国の長期金利には低下圧力が加わろう。このため、ドルは年度末にかけてじり安に推移しそ…

    残り384文字(全文640文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事