資源・エネルギー2020年後半 日本・世界経済大展望

マーケット予想 原油 需要回復と協調減産で年末に向け60ドルも=佐藤誠

     新型コロナウイルスによって世界的な石油需要は一時大きく減少したものの、落ち込みは4月に底を打ったとみられる。

     石油市場関係者は当初、コロナの影響で最大日量2000万~3500万バレルの石油需要の下振れを想定していたが、最も需要が落ち込んだ4月時点で推定日量2170万バレルと、予想していた減少範囲の下限近くにとどまった。これにより、供給過剰による石油在庫の積み上がりも相対的に低い水準に抑えることができた。加えて、今後は、経済活動の再開に伴う交通・物流の活発化や、工場の稼働によって、ガソリンや軽油・重油といった石油の需要が回復していくものとみられる。

     4月12日にはOPEC(石油輸出国機構)及び非OPECの産油国の一部が5月1日より減産措置を決定。5~6月は日量970万バレル程度、7月から2020年末は同770万バレル程度、そして21年初~22年4月までは同580万バレル程度の減産措置を実施することになった。さらに、6月はサウジアラビア、アラブ首長国連邦、クウェートおよびオマーンといった産油国が日量120万バレル弱の自主的な追加減産を実施した…

    残り825文字(全文1302文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事