マーケット・金融2020年後半 日本・世界経済大展望

マーケット予想 金と銀 金は年内2000ドルへ 銀、太陽光需要で注目=吉田哲

     国際的な金価格の指標であるドル建ての金先物価格が、7月27日、1トロイオンス当たり1940ドル台に達し、約9年ぶりに過去最高値を更新した。米金融大手は28日、1年以内の価格見通しを2300ドルに引き上げた。

     新型コロナショック後の3月下旬に、欧米が経済を立て直すべく、大規模な金融緩和を始めた((1)代替通貨の側面で金需要増加要因)。そして、金融緩和が経済の回復期待を膨張させたことで、実態を反映していると言い難い株高が発生。株式市場は上昇すればするほど、かえって不安が強まる事態となった((2)代替資産の側面で金需要増加要因)。

     また新型コロナが瞬く間に世界中いたるところに拡大し、中国を除く新興国で第1波が続き、いったん感染拡大が鈍化したとみられた先進国では第2波が起きつつある((3)有事のムードをきっかけとした資金の逃避先の側面で金需要増加要因)。

    残り910文字(全文1289文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事