法務・税務どうする? 実家の空き家&老朽マンション

相続登記は必要? 義務化へ加速する国の議論 未登記のデメリットに要注意=前田昌代

(出所)編集部作成
(出所)編集部作成

 実家の土地・建物を相続した場合、登記はしなければならないのか。この質問に率直に答えるのであれば「法律上は登記義務はない」ということになる。相続登記をするかは、相続人の意思に委ねられているのである。しかし、登記が任意であることによって、さまざまな問題が生じるようになった。そのため、国が今、土地・建物の相続登記の義務化に向けて動き始めている。

 登記は、手続きを済ませれば、所有権や抵当権など記載上の権利を、当事者(相続人や売買契約の相手方)ではない者に対しても主張できる「対抗要件」としての機能を持つ。不動産を購入した場合、二重売買などを防止するため速やかに所有権移転登記手続きを行うのが一般的である。一方、相続により不動産を取得した場合、特に、当該不動産の資産価値が低い場合は、登記するインセンティブに乏しく、長期間登記がなされない場合も少…

残り1974文字(全文2345文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事