法務・税務どうする? 実家の空き家&老朽マンション

所有者不明の土地対策 民法・登記法の改正へ 議論の重要3ポイント=横山宗祐

    不動産の相続や登記を巡る制度が大きく変わる(Bloomberg)
    不動産の相続や登記を巡る制度が大きく変わる(Bloomberg)

     空き家問題とも密接に絡む所有者不明土地問題への対策が、急ピッチで進められている。改正土地基本法など関連法が順次整備されており、法務相の諮問機関である法制審議会でも、民法・不動産登記法などの改正に向けて中間試案を作成し、現在は法制化に向けた最終的な検討段階だ。関連法案は来年の通常国会への提出が予定されており、一部の規定を除き、公布から2年程度での施行が予定されている。主な改正点を説明したい。

    残り1037文字(全文1234文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事