投資・運用どうする? 実家の空き家&老朽マンション

知っトク 築30年でもOK 空き家の利活用最前線=編集部/監修・田中歩

     空き家の活用方法に頭を悩ませる人は少なくない。空き家をそのまま利活用できる手法は、まずは賃貸が考えられる。住宅が活用されることで、老朽化・劣化を遅らせることが可能で、賃料収入も入るので、まずは街の不動産業者に相談するのが基本動作だ。しかし一般的な住宅では、競合物件も多く、借り手を見つけるのは簡単ではない。賃貸を軸として空き家利活用の最前線を取材した。

    残り2760文字(全文2937文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月24日号

    待ったなし! 相続&登記 来春から新ルールへ16 予期せぬ税負担の危険 来春の大変革に備えよ ■村田 晋一郎18 遺産分割 親から生前贈与・親へ家プレゼント…… 特別受益・寄与分の加味は 10年間限定で登記を促進 ■竹内 亮21 遺言書 手続きは簡素で割安 自筆証書遺言の保管制度 ■飽津 史隆22 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事