週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

    撮影 武市公孝
    撮影 武市公孝

     ニューノーマルという言葉をよく聞く。新型コロナウイルスの感染拡大をうけて、新しい生活スタイルや労働環境を余儀なくされている中で、この現状が一過的なものでなく、むしろ今後のスタンダードになる──。そんな意味だ。

     環境の変化は必ずストレスを伴う。外出自粛の生活になったとき、世界中が環境変化を強いられ、強烈なストレスに苛(さいな)まれた。あれから5カ月がたち、この現状を新しい「当たり前」として受容する準備も整ってきただろうか。

     そもそも私たち人間が、新しい習慣に慣れるのにどのくらいかかるのか。ロンドン大学の公衆衛生学者であるラリー博士らが発表した調査データを紹介しよう。「朝食後に腹筋50回をする」「昼食と一緒に果物を食べる」「夕食前に15分間ランニングをする」など、新しい生活ルールを導入し、こうした行動が日常のなかで自然と行うことができるようになる(つまり習慣化する)までの日数を計測した。

    残り429文字(全文827文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事