週刊エコノミスト Online闘論席

片山杜秀の闘論席

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

 政権には終わりがある。問題は終わり方だ。潔い首相もいる。潮時を見極め自ら退く。だが、まだやれると勘違いする首相もいる。童話の「裸の王様」が長年愛される理由は、権力者とは長く居座るほどに錯覚を深めるものだという真理を言い当てているからだろう。

 なら、誰かがやめさせるしかない。昔の自民党には潮時を迎えた首相を交代させる力があった。力の源は派閥抗争だったろう。各派閥の長は党総裁になりたいからこそ派閥を率いた。派閥に所属する議員は親分に忠義を尽くし、他派閥から出ている首相の賞味期限が切れてきたと思ったら、首相の肩たたきを始める。自派閥の親分が現首相で、そろそろ引き時と見えたら、跡目を狙う。

 派閥の求心力はどこから生まれていたか。選挙資金だろう。親分が用意し、子分は恩義を感じて奉公する。しかし、そのお金には筋のよくないものも入りがち。金権政治と呼ばれた。その打破が叫ばれ、政治資金の透明化が求められて、私的ルートによる資金作りに長(た)けた多くの有力政治家が失脚し、政党助成金制度が生まれ、選挙資金は派閥の長よりも党が配るようになった。ならば派閥はもう名ばかりで、子分たちの真の親分は派閥…

残り320文字(全文815文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事