投資・運用コロナ激変 不動産

リート 「コロナ後」続く資金流入=藤原崇幸

    コロナ禍で株価変動が続くニューヨーク証券取引所 (Bloomberg)
    コロナ禍で株価変動が続くニューヨーク証券取引所 (Bloomberg)

     新型コロナウイルスと景気悪化の影響で国内外の金融市場の混乱が続く中、国内外のリート(不動産投資信託)に投資するファンド(リートファンド)に集まる投資資金が増えている。

     2019年8月から20年7月まで直近1年のリートファンド(公募追加型株式投信のうちETF〈上場投資信託〉を除く)の資金動向は、新型コロナウイルスの感染拡大による金融市場の混乱が見られ始めた2月に解約が設定を上回り、資金流出となった。しかし、投資資金がマイナスとなったのは2月だけで、金融市場が大幅な下落を記録した3月以降、一貫して資金流入となっている。

     特に6月は1053億円の資金流入と、16年10月以来の高水準だった(図)。高い利回りを求める個人の投資資金の受け皿としてリートファンドに資金が向かっていることに加え、コロナショックでも解約が増えていないためだ。

    残り746文字(全文1113文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事