マーケット・金融「安倍から菅へ」

マーケット展望 ドル・円 不況時の円買い復活で年末90円台突入=宇野大介

     コロナの収束時期を予測するのは難しいが、当面は世界経済への悪影響が残る。コロナ禍が生んだ新しい生活様式は、景気の減速をもたらし、経済規模は縮小を余儀なくされるだろう。

     世界経済が不調の時、各国は限られた外需を獲得するため、輸出に有利な通貨安を望む。自国通貨を売るためには対になって買われる通貨が必要だ。従来その役目を担い、通貨高に見舞われてきたのが日本円だ。

     これを変えたのが第2次安倍晋三政権である。日本の弱点とされていた「短命政権」を克服して政治の安定をもたらし、デフレ脱却を掲げ大規模な金融緩和により他国にメリットを与えることで「通貨安」を主張できる立場に変わった。安倍首相の辞任後も、次期総理が経済金融面で安倍路線を踏襲するという期待感から、新政権が発足してからしばらくは、1ドル=107円台まで円安に進む場面もあろう。

    残り237文字(全文602文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事