マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 家庭食シフトで食品株に明暗=藤戸則弘

     食品セクターは一般的にディフェンシブ(防御)株と呼ばれる。景気変動の影響を受けにくく、安定的な収益を上げることから、特に景気後退局面では、薬品株と並んで評価されることが多い。

     ところが、今回の新型コロナウイルスの蔓延(まんえん)は、この食品企業の株価にも大きな格差をもたらしている。食事の行動パターンでは「外食から家庭食」に移行する動きが鮮明化しており、「まとめ買い」の対象となる製品を扱う企業の株価が突出して好調なのが特徴だ。

     例えば、TOPIXの食品セクターを見ると、年初来の上昇率ランキングでは、日清食品ホールディングス(HD)、東洋水産というカップ麺メーカーが1位、2位を占めている。また、飲料関係のカゴメ、伊藤園や、乳製品・菓子関連の明治HD、森永乳業、井村屋グループなどもベスト10位前後にランクインしている(9月4日時点)。典型的な「家庭食シフト」が株価に反映されているといえそうだ。

    残り461文字(全文861文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月29日号

    スガノミクス 狙う株14 バフェットの商社買い ソフトバンク株乱高下 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 ソフトバンクGのMBOは大ショック ■広木 隆17 市場関係者の見通し ■黒岩 泰/小高 貴久/市川 雅浩18 高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株 30銘柄 ■大川 智宏21 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット