マーケット・金融THE MARKET

NY市場 バブルの心配は不要=堀古英司

     新型コロナウイルス感染の終息が見通せず、景気や雇用への懸念も根強い中、米主要大型株で構成されるS&P500指数やナスダック総合指数は過去最高値を更新した。株価収益率(PER)がITバブル期を上回ったことを理由に、相場の過熱感やバブルを指摘する声も少なくないが、当時6%以上あった長期金利の水準が、今では実質ゼロまで低下していることを忘れてはいけない。

     また、相場をけん引している時価総額上位はすべてハイテク銘柄だ。これまでインターネットに全く縁のなかった高齢者や子供などの需要を一気に取り込み、ハイテク各社の業績は絶好調だ。大手ディスカウントストアやファストフードなどのビジネスにとっても追い風となっている。

    残り165文字(全文474文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月29日号

    スガノミクス 狙う株14 バフェットの商社買い ソフトバンク株乱高下 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 ソフトバンクGのMBOは大ショック ■広木 隆17 市場関係者の見通し ■黒岩 泰/小高 貴久/市川 雅浩18 高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株 30銘柄 ■大川 智宏21 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット