マーケット・金融THE MARKET

ドル・円 円安進行は限定的=高島修

     安倍晋三首相の辞任表明で、日本の政治環境は一気に流動化した。ドル・円相場でドル高は頭打ちになったが、目立って下落したわけでもない。安倍首相の後継に有力視されている菅義偉官房長官が、アベノミクスの継承を早々に表明したことも一つだが、グローバルな投資環境がドル・円にとってどっちつかずの状態であることの影響がより大きかろう。

     つまり、この数カ月、世界的に米国株高に象徴されるリスクオン的な市場環境の下、対ユーロなどで米ドル安が進行しているが、リスクオン環境が円安圧力も加えているため、ドルの下落が妨げられてきた。

    残り173文字(全文428文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月29日号

    スガノミクス 狙う株14 バフェットの商社買い ソフトバンク株乱高下 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 ソフトバンクGのMBOは大ショック ■広木 隆17 市場関係者の見通し ■黒岩 泰/小高 貴久/市川 雅浩18 高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株 30銘柄 ■大川 智宏21 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット