マーケット・金融THE MARKET

長期金利 0.05%上回る可能性=徳勝礼子

     安倍晋三首相が辞任を発表した8月28日以降、日本の10年国債利回りは上昇したが、0・05%止まりだった。

     首相の辞任表明前から、過度な緩和路線を修正する流れにはあったが、金利がプラス水準の10年債に対する国内需要は強く、利回りの上昇が抑えられていた。だが、今後は0・05%を上回る可能性が高いと考える。

     邦銀の国債需要が高まりにくいことも金利の上昇要因だ。邦銀の多くは、新型コロナウイルス対応の日銀資金供給オペを活用している。同オペは最長1年の資金を金利ゼロ%で供給する仕組みで、オペ利用残高に相当する当座預金にはプラス0・1%が付利される。

    残り154文字(全文426文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月29日号

    スガノミクス 狙う株14 バフェットの商社買い ソフトバンク株乱高下 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 ソフトバンクGのMBOは大ショック ■広木 隆17 市場関係者の見通し ■黒岩 泰/小高 貴久/市川 雅浩18 高揚感なき株高に埋もれた 隠れ高財務・割安株 30銘柄 ■大川 智宏21 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット