マーケット・金融THE MARKET

中国株 米中関係が下押し要因に

     米大統領選を前に、米政府による中国の一部ハイテク企業への締め付けが一段と強化されている。米中関係悪化はある程度想定済みだが、その深さと広がりにより株価下押しリスクは残る。

     国内では10月に中国共産党の重要会議である第19期中央委員会第5回全体会議(5中全会)が開催され、来年以降の5カ年計画と2035年までの長期目標に関する提案が行…

    残り251文字(全文418文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事