教養・歴史コロナで消える・勝ち残る大学

国際教養大 「全員留学」の方針は変えない=熊谷嘉隆

     国際教養大では、卒業までに1年間の海外留学を義務づけている。今年1〜2月に留学先へ飛び立った学生は、一部を除いてほとんどが帰国し、オンラインで留学先の授業を履修している。逆に、本来短期留学で来日するはずだった22人の外国人学生が、海外からオンラインで本学の授業を受けている。

     秋学期も学生の派遣は中止する。帰国している学生たちは、オンラインで履修を続けるか、来年以降の留学のチャンスを待つか、選択を迫られる。学生の多くは、留学を目指して本学を選んでおり、ショックは相当のものだろう。だが、コロナによって世界中の学生が同じ状況下に置かれている。その中で、できないことをあげつらい、愚痴を言いながら過ごすのか、今何ができるのかを友達と議論しながら過ごすの…

    残り489文字(全文815文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事