教養・歴史コロナで消える・勝ち残る大学

世界最先端 合格率わずか2% 「ミネルバ大学」とは何か=山本秀樹

    独自プラットフォームを利用した授業の一例。学生の画像の色で、発言量の多さが分かる(ミネルバのYouTubeチャンネルより)
    独自プラットフォームを利用した授業の一例。学生の画像の色で、発言量の多さが分かる(ミネルバのYouTubeチャンネルより)

     ミネルバ大は、2014年に設立されたミネルバ・プロジェクト社の思想理念、「世界のために重要な知恵を育む」ことを実現するために、同社とクレアモント大のケック大学院大との合弁事業として開校した。

     設立わずか4年後には、入学志望者数は2万人を上回り、MIT(マサチューセッツ工科大)を超える規模になった。合格率は約2%。ハーバード大やケンブリッジ大などの名門校の合格を辞退してまで、ミネルバ大への進学を選ぶ学生もいるほどだ。

     教師陣も、アイビーリーグ(ハーバード大やエール大など、米東海岸にある名門私立8大学の総称)をはじめ、米国のトップ校の学部長クラスが自らの高待遇を返上して加わっている。

    残り968文字(全文1262文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事