経済・企業

身近なデータの読み方:自粛3カ月で「国民の現預金」が1人20万円増えたワケ

     
     

     今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外出自粛が求められていることに伴って、お金を使う機会も減っている。一方、1人10万円の特別定額給付金が支給された。こうした中、人々が持つ現金・預金の金額は、過去最高を更新しているという。今回は、人々が持つお金の動向についてみていこう。

    過去最高の1031兆円

     日銀は、四半期ごとに企業、家計、政府などの金融取引や金融資産の保有額を「資金循環統計」として公表している。それによると、2020年6月末時点で家計の現金・預金の金額は、過去最高の1031兆円に達した。平均して、国民1人当たり800万円以上の現金・預金を持っていることを意味する。この金額は、00年6月末時点で751兆円だった。この20年間で280兆円増加した。

     家計の現金・預金は、今年3月末時点で1000兆円だったので、4~6月の3カ月間で31兆円増加した。国民1人当たりで20万円以上増えたわけだ。5月から始まった特別定額給付金による増加分のほかに、10万円以上も増えたことになる。なかには働く時間が制限されたり、職を失ったりして収入が減った人もいるはずだが、そうした減少分を差し引いても全体では増加した。コロナ禍で緊急事態宣言が出ていた時期に、いかに消費…

    残り1368文字(全文1899文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事