経済・企業

国際決済銀行(BIS)が検証・試算 米株価上昇の半分は緩和効果=松田遼

     米国で約半分、欧州では5分の1──。

     新型コロナウイルスの世界的なパンデミック(大流行)への対応から欧米の中央銀行による緩和的な金融政策の株価押し上げ効果をめぐり、国際決済銀行(BIS)の検証結果が、市場関係者の間で話題になっている。

     BISは、世界の中央銀行間の協力を促進する組織で、特定の政府に遠慮することなく、政策提言や分析ができることで定評がある。そのBISが発行する最新の四半期リポート(9月号)に、欧米株式市場に関して興味深い検証が発表されている。このリポートはBISのホームページから入手可能である(https://www.bis.org/publ/qtrpdf/r_qt2009v.htm)。

    残り2375文字(全文2680文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事