経済・企業

国際決済銀行(BIS)が検証・試算 米株価上昇の半分は緩和効果=松田遼

     米国で約半分、欧州では5分の1──。

     新型コロナウイルスの世界的なパンデミック(大流行)への対応から欧米の中央銀行による緩和的な金融政策の株価押し上げ効果をめぐり、国際決済銀行(BIS)の検証結果が、市場関係者の間で話題になっている。

     BISは、世界の中央銀行間の協力を促進する組織で、特定の政府に遠慮することなく、政策提言や分析ができることで定評がある。そのBISが発行する最新の四半期リポート(9月号)に、欧米株式市場に関して興味深い検証が発表されている。このリポートはBISのホームページから入手可能である(https://www.bis.org/publ/qtrpdf/r_qt2009v.htm)。

    残り2375文字(全文2680文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事