国際・政治深層真相

核ごみで候補「他にも」 複数応募画策の経産省

     原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場の選定で、北海道寿都町(すっつちょう)と神恵内村(かもえないむら)が10月に入り、第1段階の調査を受け入れた。明るみに出た8月から、中心となる経済産業省が声高に叫んできたのが「道外にも興味を示す自治体がある」という複数候補の存在だ。「片手に収まるかどうか」程度はあるという。

     経産省には、2007年に高知県東洋町が応募するも、反対運動で撤回に追い込まれた苦い経験がある。そこで考えたのが一斉の複数応募だ。今回、最初に寿都町が単独で名乗り出たのは想定外で「本当は一斉に表明してもらうよう準備していた」(経産省幹部)。関係者は「反対派を複数自治体に分散する思惑もあった」と見る。実際、政府関係者は「いい『風よけ』になってくれた。これから(表明が)ポコポコ出るだろう」と話す。

    残り108文字(全文472文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事