マーケット・金融コロナ株高の崩壊

リスク3 日本株 海外投資家は売り姿勢 日経平均2万円まで調整=大川智宏

    海外勢の資金が逃げている日本株の天井は近い(Bloomberg)
    海外勢の資金が逃げている日本株の天井は近い(Bloomberg)

     日経平均株価は2万3000円台を回復し、米国のダウ工業株30種平均もコロナ禍前の高値水準に肉薄するなど、経済の長期低迷の予測を無視する形で株式市場は楽観論が織り込まれている。無論、現在の先進国主導の異常な量的緩和や政策がさらに拡大すれば、行き場を失った資金が無秩序に流れ込んで株式市場をバブル化させる可能性がある。

     しかし、この株高は薄氷を踏むような危うさの上に成り立っていることを認識すべきである。主なリスク要因を見ていく。

    残り2130文字(全文2344文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事