国際・政治コロナ株高の崩壊

リスク6 新興国 トルコ発金融ショック再来も=西浜徹

    エルドアン大統領の独裁を米国は懸念する(Bloomberg)
    エルドアン大統領の独裁を米国は懸念する(Bloomberg)

     新興国のなかで最も米大統領選の行方を注視しているのがトルコであろう。2018年に米国との関係悪化を契機にトルコが資金流出に直面し、通貨リラ相場が暴落して国際金融市場に動揺が広がった「トルコ・ショック」は記憶に新しい。トルコ政府が米国人牧師を自宅軟禁したことで米国がトルコに制裁を科したことが引き金になった。

     このほか、16年にトルコ軍の一部勢力によるクーデター未遂事件を巡りトルコ政府が米国に亡命したイスラム教指導者の身柄引き渡しを米政府に要求するも拒否されたり、トルコがNATO(北大西洋条約機構)加盟国にもかかわらずロシア製兵器を導入し、米議会がトランプ政権に対してトルコへの制裁発動を求めるなど両国関係は不透明な状況が続いてきた。

    残り793文字(全文1112文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月15日号

    税務調査 コロナでも容赦なし!16 コロナ「中断」から再開 効率化で申告漏れ次々指摘 ■種市 房子19 元国税局芸人に聞く! さんきゅう倉田「手ぶらでは調査から帰らない」23 国税の「最強部隊」 「資料調査課」の実態に迫る ■佐藤 弘幸24 「やりすぎ」注意! 死亡直前の相続税対策に相次ぎ「待った」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事