投資・運用急伸!中小型株

SPAC(特別買収目的会社) 新興企業の「空箱上場」で問題 迅速調達でユニコーンが殺到=荒武秀至

    不正開示疑惑に揺れたニコラ(Bloomberg)
    不正開示疑惑に揺れたニコラ(Bloomberg)

     水素燃料電池トラックを製造する米新興企業ニコラ・モーターが今年6月、米ナスダック市場に上場すると株価は一時93ドルに急騰した。だが、たった3カ月後の9月には一時16ドル台まで急落してしまった。原因は、空売りを専門とする投資会社が9月10日、「ニコラはトラックの性能を誇大広告している」との報告書を公表したことだ。これを受けて、米証券取引委員会(SEC)が調査に乗り出した。その後、ニコラ社が、電動トラックの映像は電動自走していたものではなく、坂道を転がしていたことを一部認め、20日に創業者のトレバー・ミルトン会長が辞任に追い込まれた。

     ミルトン氏は上場後の記者会見で、電動ピックアップトラック「バジャー」の委託先製造元も、製造開始日も、価格も明らかにせず、6月末からの受注開始とだけ発表していた。ただ、市場は同社に懐疑的であったとみられ、9月の不正報告書公表前から株価は下落傾向にあった(図1)。

    残り2155文字(全文2555文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事