経済・企業自動車・鉄鋼・流通 再編の行方

完全子会社化 親子上場解消で経営効率改善 思惑から先行買いも=村瀬智一

完全子会社化を発表するNTTの澤田純社長(左)とNTTドコモの吉沢和弘社長
完全子会社化を発表するNTTの澤田純社長(左)とNTTドコモの吉沢和弘社長

 政府が7月17日に閣議決定した「成長戦略フォローアップ」の一つに、「コーポレート・ガバナンス改革の推進」が挙げられている。中長期的な企業価値の向上を目指すべく、資本コストを踏まえた経営の更なる推進や、上場子会社の取り扱いの適正化を含むグループ・ガバナンスの強化、更に社外取締役の質向上などの項目について検討を行い2021年中に改訂を行う予定である。

 また、東京証券取引所は、22年4月に市場構造改革を実施する計画で、現在の東証1部等四つの市場区分から、プライム、スタンダード、グロース(いずれも仮称)による三つの市場区分に再編する予定である。特にプライム市場については、多様な機関投資家が安心して投資可能な潤沢な流動性、機関投資家との間の建設的な対話の実効性を担保する基盤、安定的かつ優れた収益基盤・財政状態を有する企業として区分することで、企業価…

残り1828文字(全文2203文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事