週刊エコノミスト Online編集後記

斎藤信世/柳沢亮

    編集部から

     前職でタイに赴任した時は、自動車の取材が多かった。日系メーカーが新車を発表する度に、東南アジアに住む人々の足を支えている日系の活躍がまぶしかった。

     忘れられない会見がある。三菱自動車がタイで新車を発表した際、当時CEOだった益子修氏(故人)のぶら下がり取材があった。当時記者3年目、大物を前に恥をかきたくない一心で、無難な質問に終始した苦い経験だ。それでも益子氏は「本当にほかの質問はいいんですか」と気遣ってくれたのが印象に残っている。

     本誌では同社の加藤隆雄CEOに話を聞くことができた。次号で掲載予定なのでここでは触れないが、変革期の中で必死の模索が続いているようだ。

    残り890文字(全文1182文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事