週刊エコノミスト Online海外企業を買う

パランティア・テクノロジーズ 米データ解析、国際テロや新薬開発も=小田切尚登/315

CEOのカープ氏は哲学博士、シリコンバレーで異色 Bloomberg
CEOのカープ氏は哲学博士、シリコンバレーで異色 Bloomberg

 ◆Palantir Technologies

 パランティア・テクノロジーズは政府や企業にデータ解析ソフトウエアを提供する米国の新興企業である。設立の発端となったのは2001年9月11日に発生した同時多発テロであった。オンライン決済サービスのペイパルの創業者で著名投資家のピーター・ティールがペイパルの不正防止のアルゴリズムが米国政府のテロ対策に転用できるのではないかと思いついたのがきっかけだ。

 03年にパランティアが設立され、そこで作られたテロ防御ソフトウエアが、同社製品の原型となった。

残り2496文字(全文2742文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事