法務・税務税務調査 コロナでも容赦なし!

海外子会社 中小企業も狙われる取引 「利益」の移転に要注意=多田恭章

    中小企業も海外進出が進む(ベトナムの工業団地)(Bloomberg)
    中小企業も海外進出が進む(ベトナムの工業団地)(Bloomberg)

     国税庁が海外子会社を持つ企業への調査に力を入れている。海外子会社を持つ企業というと大企業をイメージしがちだが、税務署が調査を担当する中堅・中小企業でもアジアなどに海外子会社を設けるケースが増えている。中でも税務調査で厳しくみられるようになっているポイントが、国内の本社と海外子会社の間の取引にかかる「移転価格税制」だ。

     移転価格税制とは、企業が海外子会社との間で大幅に低い価格で取引したりすることで、企業の課税対象となる所得(「益金−損金」で計算される法人税法上の利益)を減少させた場合、その取引が独立した企業間の通常の取引価格で行われたものとみなして所得を再計算する制度を指す。法人税率の低い国に利益を移転し、国内での課税を逃れることを防ぐために導入されている。

    残り2353文字(全文2686文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事